今日もありがとう

何気ない日常にかくれんぼしてるしあわせを綴ってみたいな。 幸せに感謝して、おやすみなさ~い。
≪02月にゃ 2008/03 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 04月にゃ≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の一部
  ありがとう

3月31日
定年退職、退職、転職、休職、異動。
今日を限りに 明日から会えなくなる人達。

今日を限りに・・・って区切りの日で
すがすがしい顔をされている。

色んな人と挨拶をしながら
その人との思い出のシーンが蘇る。


あの時のひとこと
手のぬくもり
厳しい言葉
笑ったこと
悲しかったこと
がんばったこと
楽しかったこと
・・・・・

今の私は、
この方々とのかかわりで創られてる

ありがとう。 そして これからも よろしくね。
スポンサーサイト
おいしい野菜
  無農薬の心遣い

妹から届く野菜のおすそ分けをいただいた。
義理のご両親は、兼業で減農薬で野菜を作っておられる。
持論は、
虫も食べないような野菜は おいしくないって。
害虫駆除のために どれほどの農薬を使用しなければならないか。。。

キャベツなんかは、毎朝 早朝に一匹づつ 捕まえているそう。

野菜は、甘く。しいたけは どんこ。


今日、写真をupできないのが残念です。

縁ある人

不思議と色んなとこで 出会う人がいる。
金曜日に一年ぶりくらいに久々に ばったりと会い
今日、また、駅のホームで出会った。

最寄りの駅まで早口に お互いおしゃべりし、
互いに用事がなければ もっとゆっくりとお話できたんだけど
でも、満足感で一杯。

どうしているのかなぁとか
会いたいなぁ
なんて 思っていると 偶然 出会えたり
電話やメールが来ることってある。

特に ずっと連絡を取っていなかった人でも
何年ものブランクが全く感じられないことがよくある。

そんな人とは、どこかで繋がっているんだなって感じる。
だからこそ 知り合えたのかも・・・

そんな 出会いを 神様 ありがとう。


体は正直。
  重度の肩こり

 朝から首が回らない。。。。
体ごと 振り向いたりしてて、、、
特に 右側。
昼になったら 痛みが激しくなり
耳のあたりまで 響く。

周りの人が すごく心配してくれて、、、
右肩が バンバンに張っているよって
もみほぐしてくれた。

耳のあたりの痛みは ましになって感激。

「あなたみたいな人でも 仕事に戻って すごく緊張しているんよ。
体は正直やね」って。

。。。タジタジ。。。。

明日、マッサージに いこっ。


スペシャリスト
 送別会 

定年退職の方と大学の先生に転向される方の送別会があった。

定年退職される方は、いつも楽しそうに笑っておられ
ムードメーカーだった。
挨拶の中で

人前では泣かないって決めていた。
山よりも大きなししはいないと父に言われていて
自分が乗り越えられない試練はないと思って今まできた。

と。
いつもひょうきんな裏には どんな思いがあったのかを思うと
涙がぼろって零れてきた。
女性が仕事と家庭を持ち 両立するために
先陣になって 職場に保育所を作ったり、
人が確保できるように交渉したり・・・
今、当たり前にあることを 作り上げてきてくださったことに感謝する。
上司として働いている時も
人間の優しさをいつも感じ、居心地のいい 温もりを感じていた。

もう一人の方も本当に尊敬している。
彼女がいなければ 休職して進学する体制なんてなかっただろうし
ひとつのことを極めることを努力してやり続けている姿に感動する。
悲しいとき、困ったとき、憤慨するとき、おもろい時、
どんな時にでも 彼女のとこでひとしきり 聞いてもらってて
心の支えだった。
時には 私の家にも来てくれて よもやま話に時間を忘れ
笑っている間に朝を迎えたことも多々あり・・・
尊敬する凄い先輩なのに いつも気さくに接してくれ
昨日も卒業おめでとう会をしてくれて・・・何もかもが
ありがたかった。
謙虚でいて、でも、人が人として大切にされないことには憤慨し、
熱く怒っていた。

教育者としての彼女にこれから育てられる人は幸せだと思う。
学問よりも もっと学ぶべきものが 彼女の中には一杯あるのだから・・・


こんな素敵な方々に出会えたこと
そして 同じ空間で仕事ができたこと
幸せだと感じる。
ありがとうございました。
そして、これからも どうぞよろしくお願いいたします。


春の夜の夢
  シンデレラ?

今朝は、シンデレラの気分だった。
夢のような舞踏会を走り出て、馬車がカボチャになり
日常にすべてが 戻っていく。

って 言ったら シンデレラはこれから夢が叶うんだ って 言ってくれる人もいた。


学生の間も 職場には度々 会議に行ってて
多い時には 週3回行くことも・・・・

でも
今日、不思議な感覚。
仕事の服に着替えた途端、2年間がぶっ飛んだ。
昨日も こうして着替えていたような錯覚に陥った。


     「春の夜の夢」

想い出が 一瞬になった・・・・・

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・」

感情さえ 永遠には 続かない・・・





夢が 現実になるときが来るのかなぁ
ガラスの靴
落としてきたかなぁ~(笑)


王子様は・・・・誰? 何??












学位記授与式
名残惜しい日


とうとう この日がやってきた。
名残惜しい。
たったの2年間だったけど
多くの人に出会い、繋がり、そして 刺激し合い。
明日から みんな別々の道を歩くんだなぁって思うと
不思議な気もし、嬉しい気もする。

久々の学生生活を目いっぱいエンジョイできたのも
おばさん学生の相手をし、
学割ボーリング5ゲーム大会、べーべキュー、台風の中のサッカー応援、
朝までカラオケ、夜間の教室での大スクリーンでのwii大会など 
学生だからこそできることに誘ってくれた彼らに感謝する。

一緒に遊んでくれた彼らは、ほとんどが奨学金で学んでいて
自分のキャリアupのために自分で負荷をかけていることに
感服した。
これからの 日本の未来に期待が持てるよね。


祝賀謝恩会もみんな満足してくれて
良かったなぁ~
インターンシップ先の方々もたくさん参加してくださったし、
先生方の温かい励ましの言葉や気遣いに、そして、
ホテルの担当の方も臨機応変に対応してくださって
本当に 助けられました。

今日のこの日を 素晴らしい一日にしてくださった多くの方々に感謝します。
ありがとうございました。




双子。
   双子ちゃん

友人の姪と甥だけど
お母さんとも知り合いで・・・
もうすぐ 東京にお引越しなので
最後のチャンスに会いに行きました。

今 九か月。
未熟児だったから 実際は7か月くらいな感じ。
男の子と女の子。
二卵性のせいか 同時に何かをするということはないけど
二人で遊んでいたり、手を握っていたり、何やら不思議な言葉をしゃべっていたり。
離乳食は、男の子はバクバク。女の子は、モグモグって。
もう かわいい。

両手に抱こうとしても
元気で 元気で。
一緒に 遊んでほしくって むずかったりすると
キュートに全身で主張する。

あかちゃんって 生きるパワーに溢れているね。

誕生日??
  聡明な人

ちょっとしたおけいこをしているんだけど
昨年 10月から長期休み 年始から復帰。
のつもりが、、、悪天候だったり、他の用事で行けなかった。

久々に会ったメンバーの方から
「4月にお誕生日だったよね。来月、お祝い会しよ?」って。

彼女に誕生日なんて一回言ったことがあるかもしれないけど
覚えてくれていたことに まず びっくり。

「この前 みんなで集まった時に話が盛り上がって
会えたら言おうって思っててん」って。

『袖触れ合うも多少の縁』
でもね。年とともに 記憶力も減退し、人のことの色んな事も
忘れてしまっていることも多い。
縁を大切にするにも 覚えていることって大切なんだね。

人への気遣いって 聡明さも必要なんだ。

誕生日。
年取るのは 最近、好きだと思えないけど
今年は 待ち遠しい。。。


ちりとてちん
    朝から号泣

このblogで2度目の登場「ちりとてちん」
誰かが悲しい思いをするのでなく
何か辛いことがあったのでもなく
なのに・・・涙が溢れて 止まらなかった。

亡き師匠の夢のために思い出がいっぱいの家を売ることを決めたシーンから
もう ボロボロやった。

もうこの世にいない師匠の息遣いが感じられる。
人は、亡くなっても生き続けるっていうのは、
こういうことなんやろうなぁ

次に受け継がれる夢であったり、
魂であったり、
その人の生きざま。

そんな 生き方ができるだろうか?
一緒に生きてきた人と感動を共にできるような。
・・・・そして、亡くなったあとも共に生きること。

そして
今日、ラストシーンでは、うれし泣きになってた。



誰のために生きるのか!!
    母への想い

家に帰ってTVを点けたら
麒麟の田村くんが出演してた。

彼の著書の「ホームレス中学生」のことを話していた。
この本が出た時、体験談のようなものかと思っていたけど
彼が亡くなった母親に対する思いを込めた本なんだということを今日知った。

「おかあさん 僕はあなたの望む孝行息子になっているでしょうか?
おかあさんが自慢できる人になっているでしょうか?」

というようなことを書いておられるようで・・・
彼は、自分の評価が母から見た自分。
それも、どちらかといえば人間の中味を問うていると思った。

昨年、リリー・フランキーの「東京タワー」を読んだ後も
彼があの小説を母が読んで 自慢したくなるような 母に恥ずかしくないようにということを
意識して書いているんじゃないかと感じた。
小説を書くにあたり どれほどの本を読み 下調べをし、推敲しているのかを感じさせる
巧みに描かれた文章だった。これも 評価の主眼は母である。

そして コブクロ。
「蕾」。小渕クンが 何度歌っても 母を想い 
母を感じ 母に語りかける歌を歌っている。

こうして見ると 自分の視点だけでなく
自分以外の第三者の視点で、自分を客観的に見ることって
大切なんだなぁって思う。

そして 母って 人生において 偉大な存在なんだと感じる。

世界にたった一人の母に ありがとう。


大自然
  屋久島

友人がこの連休を利用して屋久島に
便利なもので メールが届く

この数か月に
屋久島に魅せられた人によく出会う。
初めて訪れはまった人
行ったことはないけど屋久島の油絵の大作を描いている人
首折れさんまを食べに行く人
もう 何度も屋久島に行っている人

なので
屋久島の話になると
不思議な気持ちになってくる。

屋久島は世界遺産になる前に
誘われて連れて行ってもらったことがある。
とにかく 不思議な島だった。

サンゴやガジュマルがあり、熱帯の花が咲いている海辺
杉とこけでうっそうとしている中腹
高山植物や巨石のある山頂付近

さるや鹿とか野生の動物もそこここに

でも 厳しい自然がそのままむき出しだった。

縄文杉は、想像していたものとは違っていた。
私の想像では、紀元杉のようなまっすぐ空に伸びる感じを。
縄文杉は、他の植物を自分の体に共生し、ずんぐりと立ち、
地上の木以上におびただしい根っこがむき出しで、うねうねと縄文杉を支えていた。

木肌に触れると なんとも神聖な気分になった。

「自然」の力はすごい。
人間の存在のちっぽけさを感じる
そして 恋い焦がれてやまない。 

人のつながり
  心配してくれる人

懇意にしてくださっている先生。
私のこれからを すごく気に掛けてくれていた。

よもやま話で 3時間近く話していた。
研究者として真摯であり、アカデミック。
家庭を大切にされていて、
学生をどうしたら成長させることができるのかを考えておられる。
そして
学生を通して自分も成長させてもらっていると。

担当教官ではないけど
色々とアドバイスしてくださったり
協力してくださったり。
もうすぐ 卒業式だけど 素敵な先生と知り合えたこと
とっても素敵な財産です。

そして
バレンタインのお返しは
とっても 可愛く 素敵なチョコでした。
ラッピングもチョコもかわいい。チョコ

ありがとうございました。   チョコ1

免許更新
   運転免許更新

今日から免許の更新が可能なので更新センターへ

 5年ぶりに行くと 写真が不要になっていたり
 ICカードのための暗証番号が必要だったり
 写真撮影にバリライト証明がされていたり
 優良講習が義務づけられていたり・・・・

 色んなことが変わってた。

 視力検査で旧免許証を提示するとき
 さっきまであった免許証がない!!!

 すごく空いていて 後ろに並ぶ人もなかったんだけど・・・

 「ここで こんなに探していてもいいですか?ご迷惑ですよね?」って言うと
 係官の人が 「ええよ。」って真顔で。数分後 「ポケットにないの?」と

 ??? あったっ!!!! ははは
 「よくわかりましたね」と聞くと 「だいたいそうや」と真顔
 一分も掛からない視力検査の後
 「免許証はすぐにいるから、もう出しとき」と最後まで真顔

 真顔はお仕事柄??
 一人で あたふた たじたじしてて・・・
 ウケて爆笑してくれたらなぁ 気分は晴れてんけど・・・・

 だけど 私のドジにイライラもせず、
 冷静に対応してくださって ありがとうございました。

 年に一回くらいしか運転しないので高価な身分証明書となってる免許証。
 5年後。次も 優良運転者かな?(運転せえへんけど・・・)
 
 

 
 
 
 
なぜ?
   なぜっ!!

 チベット問題

 今日 知り合いから チベット問題に胸が痛むとメールを貰った。

 「今日もありがとう」ってblogをしているけど
 今、あの地で 極限を生きている人は、ありがとうを強く感じているのだろうか?
 ほんと、阪神大震災を経験したとき 感謝はもう 溢れるほどあった。

 でも 彼らが経験していることは 人為的。

 誰かの思惑で 誰かの行為で 誰かの思い込みで
 誰かが それを真理だと思っているけど
 傷つき 生命を奪われ 悲しみ 憎しむ
 それは、誰かではなく その他大勢の人

 同じ空の下で、同じ大地の下で
 不条理に直面している人は 今 この地球上にどれだけいるのだろう。 

 哀しい思いをしている人は、そう遠くなく
 すぐ隣にいるのかもしれない。 
 私が 知らないだけで・・・

 そんな人に ありがとうが届けられたらいいのにな。

いつもの春
  地元の春

  地域限定の春は 「いかなごのくぎ煮」

 いかなごのくぎ煮

 2月28日にいかなご漁解禁後 
 そこここの露地では、くぎ煮の匂いが立ち込める。
いかなごっていう魚は、水面を長い群(玉)になって泳ぐので、
 玉筋魚(いかなご)と呼ばれるとか、
 「何という魚ですか?」というのを「いかなご」といったとか諸説あるよう。
 2~4cmの稚魚を醤油と酒とみりん ざらめ、しょうがで甘辛く味付ける。
 柔らかい魚が傷つかないように 振りいれ、かき混ぜず、ゆっくりじっくりと炊き
 炊きあがったら すぐに冷まして 釘のようにピンとさせるので くぎ煮っていう。
 
 私の母も 親戚や私の友人の分など
 毎年 20キロ近く 炊いている。
 各家庭の味や工夫があって、
 ゆずの香りのものや山椒を入れたものとかも・・

 ゆうパックにも 「いかなごパック」っていうのがあるくらい
 皆さん 各地に送っておられる。

 今日、ゆうパックでお届けした地方の友人から お礼のお電話をいただきました。
 毎年 待っててくれているみたいで・・・嬉しい限りです。

 今年は、先日の 明石海峡でのタンカー衝突事故で
 沈没したタンカーから油が漏出していて・・・・
 食の安全上 母も 今以上 炊くことは躊躇しているよう。

 母が元気でいて 環境も安全で いつものようにくぎ煮が贈れることって
 実は 簡単なことではないのかも。。

 今年もいつもの春を迎えることができたことに
 感謝します。
 
 
 
 

 
 

 
 


楽しいひと時
  プレゼント


 今日は 娘のような彼女と食事会
 彼女が高校の時に出会いがあり
 彼女はもう社会人の一年目。
 
 同じ職種に従事していることもあって
 共通の話題があり 時々会食してる。

 そしたら・・・
 「卒業祝い」って 素敵な手鏡をプレゼントしてくれた。
 彼女の成長と気遣いに涙が出ちゃった。

 二次会に行った隠れ家風のショットバー
 ツルベのような関西弁のマスターのお店。
 バリのお土産のミサンガを腕に巻いてくれて、、

 帰りぎわ女性限定で 店に飾ってあるバラの花をお土産に・・
 バラ


 なんだか とっても うれしいプレゼントたち。。
 ほんとうに ありがとう。

決別。
  親知らず

 昨日 最後の一本、右下の親知らずを抜いた。
 左下の抜歯の時 すっごく腫れて
 宍戸錠のようになり その上 3か月後にも痛みが残り
 かなり辛かった。
 下の親知らずは、歯肉に埋没し、横向き。歯肉を切開し、歯を砕いて、抜歯するんだもんね。
 その上 歯の根っこが曲がっていたから・・・

 だから 抜歯を躊躇していたんだけど
 学生の今しかないから・・・
 思い切って・・・

 腕利きの先生の予約を1月に取り、
 昨日、挑みました。

 「みんな 歯の治療は痛いと思って我慢するけど
  手術は、痛くないものだから
  我慢しなくていい。麻酔をきちんとすると大丈夫だから」って。

 麻酔の注射の痛みもそうなく 
 口の端にマウスピースを入れてくれて
 口を開けているのも楽で。
 やっぱり 難渋で 一時間かかった。
 なのに 痛みもましで 腫れもわずか。

 今日、いつもの歯科で消毒してもらって
 「楽そうだけど 楽だからって 無理しないでくださいね」と。

 とほほ。先生 わかっていらっしゃる。
 痛みが ほとんど無く 食事もばりばりしているの わかっちゃていたんですね。
 ははは。

 下の親知らずは、2本とも根っこが曲がっていて・・
 根性と同じだったんだなぁ~(笑)

 根性の曲がった私の大変な抜歯。
 痛まないように 丁寧にしていただいて ありがとうございました。

  
 

 
悲しい。。
  形 あるもの。

     割れた。
     壊れた。
     壊した。
     割った。     茶碗



     数年前に 陶芸教室ではじめて作ったもので
     真っ白になるように釉薬をつけた。
     焼きあがったものは、素敵なblueの色が入っていて
     
     きっと 窯でお隣さんだったり、お近くのだった方の釉薬の色。
     偶然にしか できなかった物。
     手のひらにすっぽりとはまる大きさで・・・
     
     お気に入りだった。
     落してしまったのは、私。
     ごめんね

     そして 今日まで ありがとう

       
惑星チョコ
  今 話題の・・

惑星チョコをご存じ?
今年の バレンタインにみんなに贈ったんだレクラ3

       レクラ2     惑星チョコ。

   大阪のリーガロイヤルホテルの限定品。
   レクラっていう チョコブティックでフランス語で「輝き」っていうんですって・・・
   http://www.rihga.co.jp/osaka/leclat/index.html

   宇宙も好きな私には
   今 一番のご褒美チョコ。

   星って 近づくとゴツゴツしているのに
   少し離れると こんなにもみんな色が違って輝いていて。
   もっと 離れると 輝き・きらめきだけ・・・

   距離感って大事なのかもね。
   自分のごつごつをさらけ出せる時
   一番 美しい姿で接している時
   みんなの中で 埋もれている時
   それぞれだよね。

   そんなことを思いながら 今日 木星を食べちゃったぁ~
               木星チョコ

   
   しあわせ。。。。
   
   

   


きゅうじゅうきゅうっ!!!
 みなさんっ ありがとう!!

今日のカウンター。
「99」カウンター


100番目は どなたでしょう?
こんなサイトに来ていただき ありがとうございます。
なんだが 嬉しい。

キリ番の方。コメントを・・・・お願いいたします。


ものを生み出す人
  ものを生み出す

ジブリの森 美術館へ行った。

  映画の繊細さを彷彿とする細部にまで作りこまれた美術館

  ジブリ映画のキャラクターは どこか 危うげで どこかコンプレックスがあるようで
  でも、観客は、どんなキャラクターをも 受け入れてしまう。

  アニメーションスタジオは、まだ見たこともない島を航海する船のようなものです。
  それぞれが、力を尽くして 自分の仕事をしないと
  波に砕けてしまいます。・・・・

  と記してあったのが 印象的でした。

  ものを創作 生み出す方々の偉大さを感じた。
  
好きな作家
    影響を受けている人

茂木健一郎さん

脳科学者。
文学、音楽、美術、料理、昆虫など造詣の深い範囲は広い。

彼の本には
人生哲学が詰まっている。

物の見方、
人間の物の捉え方、
そして、笑って、ポジティブに生きることを推奨されている。

音楽は、人生を生きること。
自分の人生を奏でることという。

今、私は、美しいメロディを奏でているのかな?
うまくいってないときは、あなたがいつも 補ってくれているよね。
ありがとう。。


かわいい
    しあわせそうな

見ているだけで
しあわせになる

友人と二人で食べてたら
こんな かわいいコアラちゃんが・・・

コアラのマーチ


 こんな おちゃめなコアラちゃん
 考案者の方って good!!!

美味。。
  行ってきました

はなまるマーケットのおめざでも紹介された「小山ロール」

やっぱり すごく並んでた。
小山ロールとプリン、ケーキと焼き菓子を購入し、「hanare」へ。
                          http://es-hanare.com


           小山ロール


小山ロールとロイヤルミルクティーとヨーグルトアイス、ショコラのセット。

小山ロールのふわふわスポンジと軽いクリームとちょっと入っているカスタードと栗。
ロイヤルミルクティーもクリーミーで絶品でした。

おいしいもんを食べると なんとも 幸せ。

車でないと不便なとこだけど 連れて行ってくれて ありがとう。

おいしいお米をありがとう
    おいしいお米をありがとう
  
  粉もん文化の地域に住んでるせいか
  たこ焼き、お好み焼き、スパゲティ、パンなど 小麦が主食?
  
  「白ごはんさえ あればっ」ってのは、ない。
  どちらかといえば 白ごはんだけでは 食が進まないの。
  おいしいお料理を食べに行って 最後に出された御飯がまずかったら・・・
  ちゃぶ台があればひっくり返しちゃうかも~(笑)


  だから お米には かなりのこだわりがある。
  今まで、色々と試してきた。
  王道のこしひかり、ひとめぼれ、かるがも農法・・・
  
  近所に その場で好きなだけ精米してくださるお店を見つけて
  ここ数年 そこのミルキーウェイってお米にはまってた。

  でも、でも、昨年 見つけたっ
  幸の米、「まっしぐら」っていうお米。     まっしぐら


  青森で栽培されてて 特別栽培米といい
  米ぬかや大豆糠、魚粉などの有機質肥料で土づくりをされ
  農薬防除は無く、低温で長期乾燥され、出荷直前に精米されている。

  このパッケージの人が生産者の「荒関敬悦」さんなのだそう。

  本当においしい。
  
  そして、最近は土鍋でごはんを炊いている。
  はじめは、炊飯器で炊けるまでに、たいていおかずができちゃって、
  ごはんが炊きあがるのが待ちきれなくて・・・
  土鍋だと 早く炊きあがるっていうのが理由だったんだけど
  ちょっとしたコツを駆使して炊くと、これが、おいしくってやめられない。

     土鍋

  
  ピカピカ 透き通って 光って立ってて 一粒ずつが主張しているの。
  わかるかなぁ~
  クリックして拡大すると もう少し雰囲気がわかるかも・・・

  パッケージには、
  「主食に安心できる幸せな毎日 お届けします」
  って 書いてあるの。

  本当に 幸せな毎日が届いてます。

  こんな おいしいお米を作ってくださって
  ありがとう。

  

  
妹。
     妹

年の離れた妹と今日ランチへ
最近になって 人生のこととか
深い話もできるようになった。

今 一番の理解者なんだと思う。

あなたが 居てくれて 本当に良かった。

卒業

              卒業


今日、学位授与の書類を先生が書いてくれていた。
十分やりきれていない気持ちもあるけど
今日 提出した論文で最終にしなければならない。

ええんかなぁって 思うけど・・・・
取りあえず 良かった。

励まし、応援してくださった皆さん
ありがとうございました。


日本!!!

          にっぽん!!!



                  日本。
                  日本の形。
                  日本の言葉。
                  日本のにおい。
                  日本の人の動き。



   ここで 生まれ ここで育ち。
   知らない間に 身についた いろんなもの。
   外国で 不便だと思うことは、
   外国の人が、日本で不便だと感じることだよね。

   今、戦争のないこの国に住み、
   飢えのない飽食の国に生き、
   豊かなものに囲まれ、、、、

   でも 不満??不安???
   
   今の状況、今の豊かさに 今 関係する人たちに
   満ち足りた想いを感じていたい。

   フランス一週間の旅は、今までの概念をみごとに打ち砕いた。
   フレンドリィーな人たち。
   やさしい人。

   お世話になった 多くの人に感謝します。
   

   


もうすぐ一か月・・・・


       祝


 
   まる一か月 といっても2月は29日だったから・・・
   それに 旅行のために 26日からは 予約登録。
   
   blogは2回目。
   web環境は 信用できない気がするし
   なんか 違和感があったから
   ひっそりと 更新していくつもり だった・・・

  だけど コメントや訪問なんかの反応があると
  うれしく感じている自分がいる。

  こんな気持ち 体験しないとわからないもんだね。

    

* arp sound parts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。